UMAINのUWBレーダーセンサー製品は、基本的にHST-C1Rチップがベースになっています。基本的に、人は13メートル以内に検知できます。車両は最大22メートルまで検知でき、データは1.5センチ間隔でサンプリングされて毎秒最大45回で11メートルのデータ(約660信号強度)を提供しています。現在、当社のセンサー製品は、毎秒10~20回程度のデータを送信するように設計されました。また、電波の特性に応じて最大2~3ミリの動きを検知でき、開発者のアルゴリズムの性能によって様々なアプリケーションを適用できます。

UMAINには、独自のUWBレーダーSoCがあります。これを基に、当社はアンテナおよびレーダー信号処理アルゴリズムを含むすべての技術を含む量産用レーダーセンサーモジュールを開発しました。また、HST-C1Rチップも販売しています。

UWBはUltra Wide Bandの略で、UMAINのレーダーチップはUWB国際標準に準拠し、認証を保証します。

UMAIN Inc.が開発した大量生産チップセットHST-C1Rは、3~4.5GHzの周波数範囲で使用でき、量産モジュールは最大4GHzの中心周波数で開発され、最高のパフォーマンスを提供しています。

UMAINのUWBレーダーセンサー製品は、10メートルから22メートルの近距離検知用として開発されたレーダー製品です。暗さ、明るさ、曇り、煙や汚れがひどい場合でも優れた検知機能を提供し、様々なセキュリティ機能に適用でき、レーダーセンサーの匿名データを使用して個人のプライバシーを保護します。また、漏れを検知し、建物の鉄筋の量を測定し、大人、子供、人と動物を区別するなど、様々な用途に広く適用できます。

一般的に知られているレーダーは、CWレーダーの一種である周波数変調連続波(FMCW)と呼ばれ、UWBレーダーは一般的にインパルスレーダーまたはバイオレーダーとも呼ばれます。FMCWレーダーは、単一の周波数を使用するのが一般的で、UWBレーダーは一般的に500MHz以上の中心周波数を使用し、UMAIN Inc.レーダーは最大1GHzの中心周波数を使用します。

当社は現在、大量生産用のHST-1CRチップを販売しております。詳細については、sales@umain.co.krまたはウェブサイト(www.umain.co.kr)にてお問い合わせください。

UMAINは、HST-C1R用大量生産チップの特許およびソース技術の権利を保有しています。

可能です。合意により特定の数量以上のチップをご購入のお客様に、センサモジュールおよびアンテナ生産のための技術サポートを提供いたします。また、一部の機能はファームウェアにバイナリファイルとして製品に適用されたレーダー信号処理アルゴリズムを提供しています。

可能です。侵入検知、距離検知、障害物検知および呼吸検知など一部の機能を製品に直接適用できます。追加機能をご希望の場合は、購入した製品の数量や状態に応じて適用可能性を確認できます。

チップの場合は812週間、モジュール製品の場合は1216週間かかります。在庫がある場合は2週間内に出荷が完了します。また、支給期間は基本的にFOB(本船甲板渡し条件)です。

UMAINUWBレーダーセンサーは、電波が障害物にぶつかって反射した時間を測定し、距離を計算するためにToF(Time of Flight)を使用します。また、超広帯域(UWB)パルスを使用し、物体の面積と材質によってエネルギー量が異なり、電波の特性によって高い透過性を付与します。一般的なアプリケーションには、侵入検知、占有検知、距離検知、衝突防止、シンクホール検知および息検知があります。例えば、ウィンドウが閉まっていてもウィンドウ外部の物体が検知できます。また、物体の大きさと動きを追跡して人とペットを区別でき、人の呼吸や心拍数を検知できます。最近では、人体の内部をスキャンしてバッグの中の対象物の形状を検知し、これを高度なフィールドに適用して壁の向こうの動きを検知するなど、様々な分野で研究が進められています。

はい。人数は、レーダー処理アルゴリズムの開発方法に応じて非常に正確に測定できます。また、密度分布も把握できます。

お問い合わせの材質や構造によって異なる場合があります。万一金属ではない場合は、近い距離にいる人の検知は可能です。金属の場合、電波の反射が激しいため判断が難しいことがあります。

はい。物理的分析能力は1.5センチですが、ラジオ反射の原理で数ミリの正確な検知が道路の破損やたわみを把握するために使用できます。

レーダーは、基本的に高い透過率とコピー特性を持つ多数の標的を認識できます。認識できる対象の数は、アルゴリズムの性能によって異なります。

可能です。センサーの認識範囲は1022メートルで、低コストと優れたアルゴリズムというメリットがあり、超音波センサーや自律運転車両超音波センサーの死角地帯感知センサーとしては検知が困難な領域に適用可能です。また、センサーはカメラを使用せずに運転者の呼吸と在室状態を検知できます。もちろん、これは各機能に固有のレーダー信号処理ソフトウェアアルゴリズムを開発して適用する必要があります。

UMAINUWBレーダーセンサーは、独自のSoCを使用するセンサーとして開発され、比較的手ごろな価格で供給されるようになりました。レーダーセンサーの特性上、ソフトウェアアルゴリズムの開発に応じて様々な製品に適用できます。侵入検知から非接触生体信号検知まで可能な次世代センサーです